話題のニュース

【石田さんチ 2020年最新情報】コロナ・子育て・介護・病気・災害と戦う石田さん家の今





毎回好評のドキュメンタリー番組「石田さんチ」

2020年最新作の今回はどんな困難が石田家にふりかかるのでしょうか?

大変な時も明るい石田家の日常は?

そこには私たちの日常を楽しく生きるヒントがあるはず!今回は石田さんちの最新情報をご紹介します。

石田さんチとは?

石田さんちは、すでに結婚している子どももいますが、もともとは 2女7男の11人家族です。
人気の石田さんちシリーズが最初に放送されたのは、なんと22年前!
22年に渡る放送のうちに、お父ちゃん、お母ちゃんは年をとり、子どもたちもすっかり立派な大人になりました。
前回までは結婚や仕事だけでは無く、親の介護・定年退職・相続などの問題も出てきました。

個人的にはお父ちゃんと二人、一つ屋根の下で過ごす次女の芽衣子さん(36歳)が気になるところです。
市の教育委員会にアルバイトとして勤務しながら、定時に仕事を終えお酒を飲みながらネット動画を見る日々。
結婚願望もなく、仕事場と実家を往復する芽衣子さん。今後、石田家でどんな立ち位置になっていくのか注目です。

さらに今回の放送では新型コロナウイルスの影響で、お父ちゃんの仕事に影響が出たり、孫のほのかちゃんの学校もコロナの影響で臨時休校になります。

それでは石田さんちの2020年最新情報をみていきましょう。



石田さんちのお母ちゃんの介護生活に変化が?

現在お母ちゃんは、実母であるおばあちゃんのみさ子さんと2人暮らしです。
前回の放送では、痴呆症のみさ子さんの介護に疲れ「発狂しそう…」と長男の孝之くんにSOSを出すほどでした。

みさ子さんは現在ウイルス感染を避けるために特別養護老人ホームに行っているそうです。
今まではデイケアに行っている時間だけが一息がつける時間でしたが、現在は少し自分の時間がとれるようで、趣味のフラダンスやカラオケでストレスを発散していると話されていました。

「毎日生きているのが辛い」「何のバチが当たったんだろうと思う」と言いながらも、お母ちゃんはいつも笑顔です。



石田さんちの七男 隼司くんがお母ちゃんの誕生日に登場?

石田さんちの兄弟の中でも1.2の人気を誇る末っ子の隼司くん。

十代の頃は兄弟喧嘩で包丁やフライパンを使おうと台所に向かい、お母ちゃんに制される場面が話題を呼びました。そのエピソードでもわかるように、とにかく荒れていました。

その隼司くんは今でも毎月お母ちゃんの顔を見に実家に帰ってくる優しい青年に成長していました。
それに隼司くんは、学生時代お母ちゃんからたくさんお小遣いをもらっていたそうで、現在少しずつ返しているそうです。親孝行ですね!

隼司くんがお母ちゃんの住む家に帰ってきて、2人で話している姿を見ているとほのぼのします。苦しい十代の子育てを経て、2人の間には信頼関係ができたように思えます。

ちなみにお母ちゃんの誕生日には隼司くんだけではなく、お父ちゃんや、四男智広くんもかけつけました。

隼司くんからはお花のインテリア、お財布を、お父ちゃんからはチョコレートを貰い、四男智広くんはお祝いに2人で外食に出かけます。

お母ちゃんも言っていましたが、智広くん以前よりふっくらしました。



石田さんちのお正月に集まったのは誰?

お父ちゃんと次女芽衣子さんが暮らす石田家。

お正月はお父ちゃんと芽衣子さんの2人っきりで、なんだか寂しい感じです。

2人の前には豪華なおせち料理が・・・さらに寂しい感じだなと思ったところで、お母ちゃん、五男元基くん、七男隼司くんがやってきました。
家族みんなが揃ったお正月と比べるとずいぶん静かですが、お父ちゃんはとても嬉しそうでした。

石田さんちの長男 孝之さん一家にもコロナウイルスの影響が?

石田さんちの頼れる長男孝之さん。

長女ほのかちゃんの学校はコロナウイルスの影響で臨時休校。

孝之さんは家にいるほのかちゃんの宿題をみています。のはずが、奥さんが目を離した隙にほのかちゃんと2人で遊んでいました。笑
仲良し親子ですね。

コロナウイルスのは、孝之さんの奥さんのお仕事にも影響が出ているようで、お花屋さんに勤めている奥さんはイベントが中止になっても花は仕入れておかないといけないので、花屋はとても大変だと言っていました。

石田さんちのお父ちゃんの仕事もコロナウイルスの影響でキャンセルが出たという話もあったので、様々な形でコロナウイルスの影響が及んでいるんだと感じました。



今年も色々ありそうな石田さんち。

お母ちゃんの介護や次女芽衣子さんの仕事、七男隼司くんの仕事、などこれからも気になることがたくさん。

引き続き石田さんちから目が離せませんね。