話題のニュース

2020年愛知にジブリパーク開園!総事業費340億円の完成予想図を公開



2020年にジブリパークが開園!

なんとも嬉しいニュースが入ってきました!

愛知県長久手市の愛・地球博記念公園内に「ジブリパーク」が誕生!




【最新情報】ジブリパーク 施設の詳細

ジブリパークに、どの作品の世界が再現されるのか気になるところ。

そこで、現時点で発表されている作品をまとめました。

まず全体図がこちら。2枚目の写真が完成予想図です。

すごい!ディズニーシーみたいですね。

エリアごとの完成予想図はこちら。

  • 「千と千尋の神隠し」・・・食堂街など(お父さんとお母さんがブタになってしまうところですね)
  • 「となりのトトロ」・・・社(やしろ)や散策路。
  • 「天空の城ラピュタ」・・・空想科学をイメージさせるエレベーター棟。
  • 「ハウルの動く城」・・・空想科学をイメージさせるエレベーター棟。
  • 「猫の恩返し」・・・猫の事務所。




そして開業から一年後にオープンする予定のエリアはこちら。

  • 「もののけ姫」・・・「もののけの里」
  • 「魔女の宅急便」・・・「魔女の谷」

作品の他にはこんな施設も。

  • 「ジブリの大倉庫」・・・170席のミニシアター有。

どんな施設が完成するのか、今からワクワクしますね♪



ジブリパークの場所はどこ?主要駅からのアクセスは?

詳細はこちらの公式サイトからご確認いただけます。

https://www.aichi-koen.com/moricoro/access/#train

事業費340億円がかかるといわれている「ジブリパーク」

ディズニーランドやUSJにつぐ、人気施設になるといいですね。